• #

ビジネスカンファレンス「MASHING UP」 ことしはオンライン中心で開催

ビジネス

テレ東

2020.11.25

mashingup_20201125_01.jpg
異なる性別、年齢、国籍、業種、業界を混ぜ合わせる(マッシュアップする)ことで、参加者に新たな一歩を踏み出すきっかけや、新しいネットワーク、ビジネスのアイディアを得る機会を提供するカンファレンスである「MASHING UP」。テレ東プラスはそのメディアパートナーとして今年も記事を掲載します。

今年のイベントは「Explore! The New Well-being(これからのウェルビーイング)」をテーマに、個人の、そして、社会にとっての「Well-being」について考えます。

今年リモートワークが急速に浸透し、私たちの日々の時間の使い方は大きく変化。仕事の仕方やキャリア、ライフスタイルを見直し、誰にとっても自分のWell-beingと向き合う機会となりました。今回のカンファレンスでは、働き方やサステナビリティなどの観点から、その環境づくりについてディスカッションを展開します。

今年のカンファレンスは、参加する場所を問わずあらゆる体験をご提供するべく、新たな取り組みとしてオンラインを中心に開催いたします。

今年のキーノートスピーカーは3名。

女性に対するデジタル教育の普及活動を行うiamtheCODE創設者のマリエム・ジャム氏。自らも難民として、セネガルからヨーロッパに。単身で、そして独学でプログラミングを学んだマリエム・ジャム氏がたちあげたiamtheCODEプロジェクトは、アフリカの女の子をはじめとする女子のSTEM教育を支援。国連にも認められるSDGsプロジェクトのひとつです。

mashingup_20201125_02.jpg
2人目は、デジタル人類学者のパヤル・アローラ氏。世界の貧困問題を倫理的なAI、インクルーシブデザインなどで取り組んでいらっしゃいます。アフリカ諸国やブラジル、アジアなどでのインターネットの使われ方、デジタルの未来。西側が作ったインターネットテクノロジーだが、実際の利用者の人口割合はすでに変わりつつある今、その未来を考えていきます。

mashingup_20201125_03.jpg
そして、ウィローグループCEO兼創設者のニコール・ブラッドフォード氏。コロナ以前から、米国で盛り上がりを見せていたウェルビーイングテクノロジーについて語っていただきます。私たちが人間性を保ったまま、データサイエンスやテクノロジーを活用して仕事や社会の未来をうまくナビゲートする方法を考えます。

mashingup_20201125_04.jpg
このほか魅力あるスピーカー陣のトークセッションの様子を、オンラインでライブ配信。また、情報感度が高いリーダー層の女性参加者たちとのアイデアソンを開催します。

またDAY2となる11月27日(金)は、特別な体験の場として、人数を制限したオフラインでのセッションを用意。同会場からのプログラムのオンライン配信を予定しています。

■開催概要
イベント名:MASHING UP カンファレンス vol.4
会期:2020年11月26日(木)午後1時~夜9時
2020年11月27日(金)午後1時~夜9時45分
開催場所:11月26日オンライン配信のみ /
11月27日 ザ ストリングス 表参道(東京都港区北青山3-6-8)
&同時オンライン配信
主催:MASHING UP実行委員会(株式会社メディアジーン、mash-inc. )
チケット(税込):
・スタンダード(2日間のオンラインセッション全てに参加可)¥7,700
・ワンデイDAY1(11/26のオンラインセッション全てに参加可)¥5,500
・ワンデイDAY2(11/27のオンラインセッション全てに参加可)¥5,500
・プレミアム(オンライン+オフライン全てに参加可)¥22,000(招待制)
※限定割引コード【MU4tvtokyo】を入力すれば、スタンダード(2日間のオンラインセッション全てに参加可)¥7,700→35%割で¥5000となります。

【学割】
・学割スタンダード(2日間のオンラインセッション全てに参加可)¥4,400
・学割ワンデイDAY1(11/26のオンラインセッション全てに参加可)¥3,300
・学割ワンデイDAY2(11/27のオンラインセッション全てに参加可)¥3,300
※セッション内容、登壇者、開催時間等は変更になる可能性がございます。

公式サイト

■ お問い合わせ先:MASHINGUP運営事務局
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧