• #
  • トップ
  • グルメ
  • インスタ映えだけじゃない、原宿で食べられる本気の讃岐うどん

インスタ映えだけじゃない、原宿で食べられる本気の讃岐うどん

グルメ

テレ東プラス

2019.3.20

(前編はこちら)

menchirashi_20190320_01.jpg
原宿はキャットストリートの名で知られるエリアに、昨年突如現れた本格派うどん屋『麺散』。

前編では、ディレクターの岡田さんへお店作りのこだわりなどを中心に話を聞いたが、気になるのはやはりうどんの味。まずは人気メニューである、ぶっかけうどんを注文してみる。この日、店内の様々な物に驚かされっぱなしだったが、テーブルに置かれたうどんを見てさらにまた驚いた。

menchirashi_20190320_02.jpg▲ぶっかけ(ちく玉天)950円

見た目だけじゃない"本気のうどん"、その美味しさの秘密


これはインスタに写真を投稿したくなる気持ちも分かる。

余分なものはなく、綺麗に巻かれたような麺が食欲をそそる、すごく"映え"なうどんだ。
ちなみに「かけ」と「ぶっかけ」の違いは、簡単に言えば「かけ」はうす味の出汁につかっている、「ぶっかけ」は濃い出汁に半分つかっているものなんだそう。

ざるうどんのざるをそのままぶっかけちゃえ、というラフな発想もこのお店で聞くと、なんだかストリートカルチャーを感じる料理に思えてくる。

menchirashi_20190320_03.jpg▲当て字で「ぶっかけ」と書かれたネオン管

麺は打ち立て、切りたて、茹でたてのいわゆる"三立て"と言われるもの。

「コストパフォーマンスが悪くても、茹で置きしないっていうのはモットーとしてやっています。あと、麺が長くて女性のお客さんなども結構多いので、食べやすいように麺切りハサミを置いています。海外の方ですすり慣れてない方も多かったりしますし」

と説明してくれた麺を実際にすすってみる。ツルッと滑らかなのにしっかりとコシも味わえて、ついつい笑みがこぼれてしまう。

聞けば、新宿の人気店「うどん 慎」の元職人などがスタッフなんだそう。「でも『うどん 慎』さんのメニューやレシピとかは一切使ってなくて。話し合って、一からレシピは立ち上げました」

menchirashi_20190320_04.jpg

見た目は尖らせ、味は万人が喜ぶ、関西風讃岐うどん


「麺の細さもあえて狙っていて。香川県の讃岐うどんって麺がすごくコシがあって、めちゃめちゃ太いんですよ。今の若い子や女性は顎が細くて食べ辛いんじゃないかと思って。ウチの麺は引っ張って離すと、モチモチでゴムみたいになるんですよ。讃岐うどんなんだけど、関西風讃岐うどんをリスペクトしてしています。だから、万人受けしやすい味だと思います。味は逆に尖ってないというか。この味だから、店の内観などのこだわりが活きてくると思っています。カッコイイし、美味いというような」

menchirashi_20190320_05.jpg

ディレクター岡田さんの今後の展望


この日は残念ながら例外的に出ていなかったのだが、普段はフードトラックの出汁巻卵ドッグ専門店「ONE」が店前に停まっている。

「元々前にプロデュースしていた『delifucious』で出汁巻卵ドッグというものをで出していたんです。クレープに始まるフィンガーフードの文化が根付いてる原宿にて、出汁巻卵ドッグもそれになるんじゃないかと思って出したのがきっかけです」。フードトラックでありながら、過去には今メディア・SNSなどで作品を目にしない日はないグラフィックアーティスト、VERDY氏とコラボレーションするなど話題を振りまいていた。

そんな生粋の仕掛け人である岡田さんは、最後にとっておきの"悪巧み"を教えてくれた。
「原宿にこういう場所を作ったのは、使い勝手のいい"食堂"みたいな店というイメージもあります。美容師のアシスタントとか、アパレルのスタッフとかお金があまりない若者もいるじゃないですか。そういう子達が10年後ぐらいにまた原宿来て『金無いとき、ここよく食ってた~』みたいな(笑)。

飲食って断面的に見られることが多いですが、僕はそういう変わらない良さだったりも重要だと思っています。今後やりたいことは常に10個ぐらいあるんですけど、全部一気にはできないんで。『麺散』を海外に持って行きたいですし、渋谷に小さい立ち食いうどんの『麺散』バージョンを作るのも面白いと思っています。24時間で、朝まで飲んだ時や通勤前にも食べれる。立ち食いうどんを『麺散』が作るとこうなるよみたいな」

次々と話題店を立ち上げる岡田さんの今後の活動も楽しみに待ちつつ、原宿に行く際は、買い物の合間に、仕事終わりに、是非美味しいうどんを食べてみて欲しい。

【店舗情報】
住所:東京都渋谷区神宮前6-13-7 グランドオム 1階
電話:03-6427-9898
営業時間:11:00~23:00
定休日:火曜定休
https://www.instagram.com/menchirashi_one/?hl=ja

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧