• #
  • トップ
  • ライフ
  • ゼミのようなディスカッションや医学部講座も! 徳光和夫が母校...

ゼミのようなディスカッションや医学部講座も! 徳光和夫が母校「海城中学高等学校」の知られざる秘密を告白

ライフ

BSテレ東

2020.9.19 THE名門校 日本全国すごい学校名鑑

歴史や校風、卒業生のネットワークまで、名門校の知られざる姿を通してその秘密に迫る「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」(BSテレ東 毎週日曜よる9時放送)。MCに登坂淳一、角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)、解説におおたとしまさを迎え、「名門とはいったい何か?」常識を打ち破る教育現場に密着する。

今回は、今年の東大合格者数全国9位の中高一貫校「私立海城中学高等学校」を特集。ゲストに海城OBの落語家・立川談笑と「株式会社ドリコム」代表取締役・内藤裕紀氏を迎え、その魅力に迫る。

meimon_20200919_01.jpg
談笑や内藤社長が在学していた頃は、高校から入学することができた海城。しかし、2011年に高校募集を停止し、完全中高一貫の男子校に。現在の全校生徒数は約2000人で、建学の精神は「国家・社会に有為な人材の育成」。フリーアナウンサーの徳光和夫や「日野自動車」元会長・市川正和氏、漫画家の赤松健など多彩な人材を輩出し、医学部を志望する生徒が多いのも特徴だ。

meimon_20200919_02.jpg
柴田校長は、かつて三菱商事の商社マンとして韓国、サウジアラビア、タイに駐在。定年後は国際教養大学の特任教授を経て、5年前、海城に赴任した。柴田校長は「商社マンと海城での経験は、共通点もある。三菱商事は組織を非常に大事にする会社で、それは海城も同じ。伝統と新しさを支えているのは、海城の組織力の強さじゃないかなと思っています」と語る。

meimon_20200919_03.jpg
海城の教室内はWi-Fi 完備。ホワイトボードの上にプロジェクターを設置するなど、ほとんどの教室がデジタル化に対応している。また、「KSプロジェクト」という海城独自の特別講座が開かれ、教科書以上のことを知りたい生徒たちの主体的な学びの場となっている。

meimon_20200919_04.jpg
明治24年に創立した海城。始まりは、海軍の軍人である古賀喜三郎が私財を投じた海軍予備校だった。かつての海城といえば、修学旅行に行くバスの車内でも勉強させるなど「スパルタ」が代名詞。東大合格者数が増える一方で、「東大留年率ワーストワン」というレッテルが貼られた時期も。

そこで、創立101年目の再スタートとして学校改革が行われることに。改革のキーマンになったのは、中田大成校長特別補佐。中田さんが赴任した直後の海城には、進学重視のほころびが出始めていたという。進学実績は伸びるものの入試で燃え尽きてしまい、大学に入ってから留年する卒業生も多かったそう。「国家・社会に有為な人材の育成」という建学の理念と相反する状況に。「詰め込み式の教育を変えなければダメになる」と、中田さんは思い切った方向転換を打ち出した。

生徒たちが時事的なテーマを取材して発表し、その内容について皆でディスカッションする大学のゼミのようなスタイルを導入。中学3年生にして、原稿用紙数十枚にも及ぶ卒業論文を執筆するなど、論理的に考える教育にシフトした。また、演劇の手法によって、表現力やコミュニケーション力・社会性などを養う教育プログラム「ドラマエデュケーション」や、体をアクティブに使いながらコミュニケーション力を養う体験型学習「プロジェクトアドベンチャー」を採用。こうした授業を通して、受験一辺倒だった校風に革命を起こした。

2011年には完全中高一貫校となったが、その一方で新しい価値観との化学反応を狙い、帰国子女の積極的な受け入れを開始。その化学反応は、生徒がハーバード大学など海外の大学に目を向けるきっかけにもなっている。

meimon_20200919_05.jpg
海城高校を昭和34年に卒業した、フリーアナウンサーの徳光和夫。現在は「海原会」という同窓会の会長を務めている。自身の高校時代を振り返り、「僕の頃の海城は、都立に落ちた生徒の受け皿で雑多でした。みんなでカンニングの方法を考えて、僕のアイデアが採用された。オブラートに鉛筆で答えを書き、それを堂々と机に置いても、先生からは透き通って見えない。もしも先生が怪しんでこちらに来たら食べちゃうんです(笑)」と、思わぬ衝撃告白も。「それが今ではこんなに優秀な学校になって...。海城OBであると胸を張って言えるのは、後輩たちのおかげです」と笑った。

meimon_20200919_06.jpg
スタジオゲストの内藤社長は、「海城はベンチャーな学校。先生も生徒も多様で、時代に合わせて変化する力のあるところが、ベンチャー企業とよく似ている」と分析。また談笑は、「海城は心の城。多感な時代に自分の基本を作ってもらったし、その時の考え方は今の私を支えています」と語った。

番組では他にも、個性派揃いの教師陣や入場者2万人超えの文化祭など、盛りだくさんのエピソードをお届けする。

この放送は、「ネットもテレ東」で期間限定配信中です!

明日よる9時放送! 「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」(BSテレ東)では、名門お嬢様女子高「金城」の品位の秘密に迫る。

今回の名門校は、名古屋を代表するお嬢様女子高の金城学院。現在、減少傾向にある日本の女子高。そんな中で金城の卒業生SKE48の須田亜香里と校長先生がお嬢様女子校の必要性と生きる道を考えていく。

・謎に包まれた学校内の様子も特別に撮影、一体どんな授業が?
・なぜ生徒は阿波踊りとソーラン節を本気で踊るのか? 受け継がれる伝統の金城愛とは?
・国内でも一早くセーラー服を導入したという金城の教育理念とは?
・須田と共学出身の角谷アナによる「共学VS女子高バトル」も必見!

長い歴史の中で今も大切にしていることや、お嬢様学校としての品位の大切さについても紐解く。今だからこそ求められる名門お嬢様学校の存在意義...。番組ではそんな女子高の姿に迫る。

<ゲスト> 須田亜香里、たかまつなな

番組では、今後もたくさんの「名門校」にスポットを当てていきます! どうぞお楽しみに!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

THE名門校 日本全国すごい学校名鑑

THE名門校 日本全国すごい学校名鑑

『名門校』は何故『名門校』たりえるのか。歴史や校風さらには卒業生のつながりまで…。そんな名門校の「知られざる姿」を通して、秘密に迫る知的情報バラエティーです!

放送日時:BSテレ東 毎週日曜 夜9時放送

出演者

【MC】登坂淳一 【アシスタント】角谷暁子(テレビ東京アナウンサー) 【解説】おおたとしまさ

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧